おすすめレビュー

L字デスクはコスパ最高!おすすめデスク・メリット・組立て方まとめ

スポンサーリンク

今回の記事では、購入したL字デスクの使い心地が最高だったのでレビューしていきたいと思います。

 

先にビフォー・アフターの写真を見てください。 

どうですかこの変わりよう? 

 

ここぼくの実家なのですが、この場所ではあまり作業しないんです。

 

「毎日ここで作業するわけじゃないから」

このような理由で悩みを我慢して仕事をしていました。。

 

そのときの悩みは以下の通り。

 

L字デスク購入前の3つの悩み

  • 床で座って作業をすると腰が痛くなる

    床に座ると良い姿勢を保ちにくく、肩こりや腰痛の原因に!

  • パソコン周辺機器が多くて片付かない

    モニター・プリンター・シュレッダーなど機器が多い!

  • 机がせまく作業をすると散らかってしまう

    デスク周りが汚いとモチベが下がり集中できない!

 

ぼくはこれら3つの悩みを、L字デスクを買うことで同時に解決できました!

いやー本当に買ってよかった!

 

あなたもぼくと同じようなことで悩んでいませんか?

 

その悩み、L字デスクで解決できるかもしれません!

 

この記事でわかる3つのこと

  1. ぼくが購入を検討したおすすめのL字デスクとその特徴
  2. L字デスクのメリット・デメリット
  3. 組み立ての様子と注意点

 

 

 

このように3つの項目に分けて書いていきます。

 

パソコンで作業をしているなら必見の記事!

ぜひL字デスクを購入するつもりで、じっくり読んでみてください。

 

それではおすすめのL字デスクから書いていきます!

 

 

おすすめのL字デスク4選とその特徴

1.DORIS コーナーデスク 幅140 L型
5,990円+送料

 

特徴

  • コスパでいったらこれが1番!
    (少し安すぎて不安w)
  • L字を分解してメインデスクのみで使用可能
  • 選べる天板の色は3色
  • 内脚レスで移動しやすい
  • 角ばったデザイン

 

サイズ

紹介するL字デスクのなかで最もコンパクトなサイズ

ワンルームなど小さな間取りで活躍しそうです。

 

2.山善(YAMAZEN) サイバーコム コーナーパソコンデスク
13,490円

 

特徴

  • 広々なデスク
  • キーボードや小物が収納できるモニタースタンド付き
  • 2口コンセント(合計1500Wまで)が2箇所ついてる
  • 選べる天板の色は2色
  • 内脚レスで移動しやすい
  • 角ばったデザイン

 

サイズ

L字デスクのサイズでは最も大きい部類。
これくらいの大きさがあれば十分だと思います。

 

3.LOWYA (ロウヤ) デスク PCデスク L字デスク
12,990円

 

特徴

  • 広々なデスク
  • 2口コンセント付属
  • 選べる天板の色は2色
  • 内脚レスで移動しやすい
  • 丸みのあるやわらかなデザイン

 

サイズ

L字デスクのサイズでは最も大きい部類。
これくらいの大きさがあれば十分だと思います。

 

4.LOWYA (ロウヤ) デスク パソコンデスク L字型
9,990円+送料

画像の説明文

まさし

ぼくが選んだのはこれ

 

特徴

  • 広々なデスク
  • 安定性に優れたパワーフレームを採用
  • 選べる天板の色は2色
  • 内脚レスで移動しやすい
  • 角ばったデザイン

 

サイズ

L字デスクのサイズでは最も大きい部類。
これくらいの大きさがあれば十分だと思います。

 

迷ったときの選び方のポイント

今回紹介したL字デスクに共通するポイントは

  • 内脚レス
  • 天板の色が選べる

以上の2点でした。

 

内脚レスってこんな感じ。

内脚レスでストレスフリーです。

そして天板の色が選べるのでどんなお部屋にも合います!

 

以上を踏まえて選び方を考えていきましょう。

 

今回紹介したL字デスクなら、この順番での決め方がベスト!

  1. L字デスクのサイズを決める
  2. コンセントが欲しいかどうか?
  3. 角ばったデザインか丸みのあるデザインか?

 

 

左右の天板幅はどれくらいがベストか?

実際にメジャーで測ってみるとイメージしやすいです。

結構スペースとるのでしっかり測りましょうね!

 

ぼくの選んだL字デスクは156×156サイズ。

これくらいあるとかなり広々です!

 

コンセントに関しては、個人的にはあってもなくてもいいかなと思ってます。

ぼくはこちらの電源タップ使ってます。

 

大きいサイズのL字デスクは、どれも同じような価格帯なので、最後の決め手はデザインかなと思います。

 

天板の色味や木目の感じ。

角ばってるのか、丸みのあるデザインか。

 

これだけ選ぶ要素があるので、あなたにピッタリなL字デスクが見つかるはず!

 

L字デスクの
メリット・デメリット

4つのメリット

  1. どんな部屋にも合う

    天板のカラーが選べるので使用する部屋を選びません。

  2. コストパフォーマンスが高い

    1万3,000円前後の投資でこのリターンは「費用対効果」抜群!

  3. デスク周りがスッキリ片付く

    デスク周りがキレイだとモチベーションUP!

  4. 作業効率がアップする

    スペースが広いと仕事がスムーズに!

 

使用してみて感じたメリットはこんな感じ。

 

次は気になるデメリット。

 

2つのデメリット

  1. 重くてデカい

    届いたL字デスクを部屋に運ぶだけで一苦労!
    (女性1人では無理かも⁈)

    組み立て後、別の部屋に動かすのは無理。

  2. 組み立てが大変

    組み立てに広いスペースが必要!

    2人で組み立てないと設置が難しい。

 

デメリットで苦しむのは間違いなく女性ですね。

 

まず重くてデカい!

そして組み立てが大変!

女性がL字デスクを購入する際には、身近な男性に手伝ってもらいましょう。

 

そして頼まれた男性は快く引き受けましょう(笑)

 

組み立ての様子をスライドでどうぞ!

説明書を無視して、1人で作業が完了できるよう天板を最後に取り付けました。

(説明書通りだと逆向きで完成するので、最後に机をひっくり返す作業があります。この作業が1人だとキツイ。)

 

手伝いを頼むのが難しい方は参考にしてみてください!

 

previous arrow
next arrow

Slider

 

天板を下向きにセットするとき、傷がつかないよう包装に使われてた発砲スチロールを敷くといいです!

ぼくは敷かずにやってキズついちゃいました(笑)

組み立てには電動ドライバーがあると便利

ぼくが購入したL字デスクは、組み立てに必要なプラスドライバー入っていません!

説明書にはプラスチックハンマーの用意を推奨していましたが、必要ないと思います。

ドライバーが入っていなかったのですが、もとより電動ドライバーを使うつもりだったので問題ありません!

 

ぼくが使用したのはこちら

created by Rinker
シンコー製作所
¥5,286
(2018/09/22 15:56:36時点 Amazon調べ-詳細)

こちら、電源のコードが短いので延長コードが必要になりました!

少し不便ですね…。なんでこれ買ったんだろ(笑)

 

コードレスで手軽に使用できて、値段がお手頃なのがいい!!

そんな方はこちらがおすすめです。

created by Rinker
BOSCH(ボッシュ)
¥4,191
(2018/09/22 15:56:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

普通のプラスドライバーでも組み立ては可能です。

しかし、作業のスピードが全然違います!

 

電動ドライバーでスマートに組み立てちゃいましょう。

 

まとめ:L字デスクは迷ったら買い! 迷わなくても買い!

ヤワラちゃんの名言、
「最高で金 最低でも金」みたいなノリですw

 

L字デスクにしてからというもの、仕事に対するモチベーションが劇的に上がりました!

やはり作業環境に投資するのはコスパがいいですね。

 

ちなみにアパートでもL字デスク使ってます! こんな感じ。

これで作業する環境は全てL字デスクになりました!

L字デスク愛があふれてます(笑)

 

もう床での作業や、せまい机での作業には戻れない自分がいます。

 

L字デスクを使用してみたぼく個人の見解ですが、L字デスクのコスパは本当に最強!

むしろリターンのほうが大きいとさえ言えます!

本当に買ってよかった!

 

パソコンで作業する方、そして作業環境に不満がある方、今回の記事を参考にL字デスクで作業環境を改善してみてください!

 

スポンサーリンク