おすすめグッズ

蛍光灯をLEDペンダントライトに交換!取り付け方と注意点を解説

スポンサーリンク

実家に帰ったときに母から、
「電気が暗くて困ってる…。」と相談を受けました。

 

そういえばまだ蛍光灯を使ってたなと。

それなら交換してあげよう! ってことで、DIY感覚でやってみることに。

 

今回LEDライトに交換してみて分かったことですが、古いお家だとひと手間加えないと取り付けできない配線器具があるようです。

 

ちなみに実家もそのまま取り付けできないタイプでした!

 

こうやって解決したよ!

という風に、ぼくが実際に取り付けた方法もまとめて解説します。

 

取り付けできなかった実家の例

  • 引掛シーリングが合わない

  • 電源がコンセントの蛍光灯を使っていた

このような事例でお悩みのあなた。

この記事が解決します!

(これでも解決できなさそうな場合は電気屋さんに相談してください)

 

1か所交換したら他も交換しちゃえーってなって、実家の3か所をLEDライトに変更しました。

 

これから交換する方の参考になれば幸いです。

 

 

あらかじめ交換予定の引掛シーリングの形状を確認しておこう

ぼくがLEDライトに交換したとき怠ったのがこれ。

この確認を怠ったがために、必要な部品が手元になく、LEDライトが届いたのに交換ができませんでした。

 

あらかじめ交換予定の照明は、1度取り外してそのまま取り付けができるか確認しておきましょう!

 

ちなみにうちのはこんな感じの「角型シーリングボディ」でした。

反時計回りに回せばかんたんに外れます。

 

取り付けできない配線を確認しよう

そのまま取り付けできない配線の例です。

 

  • 配線だけのもの
  • アウトレットボックスのもの

これら2つの事例は問答無用で電気屋さんに連絡です。

 

『電源端子が露出しているタイプ』は「増改アダプタ」という便利グッズで取り付けが可能でした!

次の見出しで詳しく解説していきます。

 

引掛シーリングが合わない場合は「増改アダプタ」を使おう

1か所目は母の寝室。

このような蛍光灯がついてました。暗っ!

 

外してみるとこのような引掛シーリングの形状でした。

購入したLEDライトを付けようと試みるも、つかない…。

 

調べたところ、上の写真のような『電源端子が露出しているタイプ』は、そのまま取り付けできないようです!

 

 

ここで必要になるのがこちら

この『引掛シーリング増改アダプタ』は、中間に装着するだけの優れもの!

 

装着するとこんな感じ。

 

これがなかったら、配線器具の交換が必要になります!

交換には電気工事士の資格が必要で、電気屋さんに依頼することになるのです!

500円くらいで買えますのでこれで済めばラッキーですね。

 

引掛シーリング以外の要因で取り付け不可能な場合もあります。

分からない場合は電気屋さんに相談してください。

 

こんな感じで取り付けが完了。

「すごい明るくなったー」と母が喜んでくれたので一安心です。

購入したLEDペンダントライトはこちら

 

6畳までのタイプの中で、最もお手ごろな価格でおすすめです。

使えればOKという方はこちらで十分!

 

長さの調節はひもを押し込むだけ

そのままの状態で取り付けたら、ひもが長かったので調節することに。

 

長さの調節はひもを押し込むだけなのでとってもかんたん。

これなら誰でもかんたんに調節できますね。

 

天井にコンセントがある場合は「引掛シーリング角型コンセントアダプタ」を使おう

2か所目は、ぼくが仕事で使っている部屋。

ここも蛍光灯ですごく暗かったんです…。

 

「ついでにここも変えるか!」

と思って見上げると、そこにあったのはコンセントではありませんか! ムムッ!

一瞬、LEDライトへの交換をあきらめかけましたが、調べたらコンセントに変換してくれる便利グッズがありました!

 

ここで必要になるのがこちら

 

これでLEDライトをコンセントに差せるようになりました。

 

これを知らなかった場合も、電気屋さんに相談することになっていたでしょう!

本当に便利なアイテムがあってよかった。

 

購入した「リモコン付き」LEDペンダントライトはこちら

アイリスオーヤマ LED ペンダントライト 調光 調色 タイプ ~8畳 洋風 PLC8DL-P2
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

こちら「6畳」「8畳」「10畳」と3種類ありますので、使用する部屋によって適切なものを選んでください。

 

取り付け後はこんな感じ。

とっても明るく作業がしやすくなりました。

今回リモコン付きのLEDライトにしたのには理由がありまして、

引っ張って電気を点けるタイプだとコンセントが引っこ抜けてしまうのでは?

という心配があったんです。。

 

実際に引っ張って点けてみましたが、思いのほかコンセントがしっかりと差し込まれているので抜けそうな感じはありませんでした!

 

リモコンにはタイマーと明るさ調節の機能がついます。便利!

 

リモコンはこんな感じ。

結局、引っこ抜ける心配はなさそうですが、リモコンが便利なので結果オーライかなと思います。

 

天井にコンセントの場合は、リモコン付きのLEDライトを選んだほうが心配も少なく便利なのでおすすめです。

 

玄関・廊下・トイレには小型のLEDライトがおすすめ

3か所目は縁側。

ここもめっちゃ暗い電球を使用してました。

年季が入ってますねー!!

今時どこにも売ってなさそう(笑)

こちら、夜になって点けても暗すぎて役割を果たしておりませんでしたw

 

購入した小型のLEDシーリングライトはこちら

アイリスオーヤマ LED シーリングライト 小型 100W相当 昼白色 750lm SCL7N-E
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

こちら『昼白色』と『電球色』の2種類。

 

仕事でも使用するスペースなので、明るい『昼白色』を選びました。

 

こんな感じで設置。

ここはトラブルもなくサクッと交換できました!

簡単お手軽!

 

電球から比べると明るさも抜群でした!

それでいて値段も良心的なので、玄関・廊下・トイレが暗くて悩んでいる方は交換してみてくださいね。

 

『昼白色』と『電球色』で迷ってしまった場合の選び方

好みもあると思いますが、それぞれの特徴とおすすめの設置場所をまとめました。

迷ってしまった方は読んでみてください。

 

昼白色の特徴と設置におすすめの場所

昼白色は、太陽に近い自然な光が特徴。

おすすめの場所

  • リビング
  • 仕事部屋

 

電球色の特徴と設置におすすめの場所

電球色は、暖かみがあって落ち着いた光が特徴。

おすすめの場所

  • 和室
  • 廊下
  • 寝室
  • 風呂
  • トイレ

まとめ:LEDライトは明るくて寿命が長くて電気代がお得なので早く替えるべき!

そもそも照明器具って寿命があるの知ってました⁈

設置して10年が目安のようです。

(実家の10年どころではなかったな…。)

 

そのまま劣化が進むと何らかの事故に繋がる恐れがあるので、10年を目安に交換をしましょうね。

 

LEDライトに交換するメリット

  • 省エネで電気代が安い
  • 長寿命で交換の手間が少ない
  • 瞬時に点灯する
  • 調光が可能
    (ものによる)

ぼくはメリットをあまり考えず、暗いという理由でLEDライトに交換しました。

メリット結構あって得した気分です♪

 

デメリット

  • 購入の初期コストが高い

購入コストが高いとの情報でしたが、個人的には高いという気はしませんでした。

企業努力のおかげですかね。

LEDの価格も下落傾向にあるようです。

 

 

実際に蛍光灯からLEDに変更してものすごーく満足してます!

なので強く交換をおすすめしたいですね。

 

ぜひ今回の記事を参考に、LEDライトに交換してみてください。

スポンサーリンク