ガジェット

Tile Mateに感動!スマホもカギも探せる紛失防止タグをレビュー

スポンサーリンク

ぼくは家でスホを失くします!

しかもかなり頻繁にw

そんな”忘れん坊”な自分にピッタリだったのがTile Mateタイルメイト

Tile Mateを使い始めて「スマホどこいった?」がゼロになりました。

理由は、こにスマホがあるか「」を鳴らして教えてくれるから。

 

まさし
まさし
しかもマナーモード中でも解除して音を出してくれます!

Tile Mate本体のボタンをダブルクリックするとスマホを大音量で鳴らしてくれる

Tile Mateはすごいところがもう1つ。

Tile Mate本体をつけたもの(ぼくは車のカギ)をスマホから探せちゃうんです!

つまり、どっちからも探せる優れものってこと。

  • Tile Mateからスマホを探せる
  • スマホからTile Mateがついている物も探せる

本当によく考えられた素晴らしいアイデア商品ですね。

そんなTile Mateをおすすめしたいのはこんな人たちです。

Tile Mateをおすすめしたい人

  1. スマホをどこに置いたかすぐ忘れてしまう
  2. 忘れ物や落し物が多い人にお守りとして
  3. ADHDで注意力が散漫な人
  4. 高齢者や認知症などで物を失くしてしまう

 

これらに当てはまるご家族の方や友人へのプレゼントにも最適ですよ。

それではTile Mateのレビューを書いていきますね。

Tile Mateに感動!スマホもカギも探せる紛失防止タグをレビュー

Tile Mateのパッケージ

もっと早く買えばよかった!

こう思わずにはいられない超絶便利なTile Mate。

まずはおすすめポイントから!

 

Tile Mate 6つのおすすめポイントまとめ

Tile Mate 6つのおすすめポイント

  1. 安いのに高機能(2,000円しない!)
  2. 内臓電池で約1年間使える
  3. 電池交換が可能になった新モデル
  4. 軽くて小さいそしてシンプルなデザイン
  5. スマホとBluetoothで接続し、Tileをつけた物の場所を探せる
  6. 逆にTile本体のボタンをダブルクリックすればスマホを見つけることも可能
  7. 最後に通信が途切れた場所をアプリの地図に表示し見つけやすくする

 

スマホを家の中で持ち歩いてその辺に無意識で置く。

で「どこいった?」ってなるんですよ。

あなたもこんな経験ありませんか?

 

まさし
まさし
スマホがどこにあるのかわかるだけで最高の商品なんです。

 

Tile Mateの残念なポイント

接続範囲内(約45m)でしか探せない

探す範囲がもっと広ければ盗難に遭ったときも便利だったと思いましたね。

 

まさし
まさし
値段が倍以上するのがネックですが、もっと遠くまで探せるモデルが欲しい場合は、Tile Proタイルプロがおすすめです。

接続範囲が最大約90mにアップ

ぼくが買ったTile Mate(約45m)のですね。

 

一定の距離から離れたときに通知があればもっと便利だった

そもそもの紛失を防止することができたら尚よかったのに。。

そんな”置き忘れ”を防止したい場合には、こちらのMAMORIO|FUDAフューダがおすすめです。

 

まさし
まさし
手元から離れるとスマートフォンに通知が来るので置き忘れの防止に繋がりますよ。

 

キーリングがつけにくい

Tile Mateにキーリングを通している様子

本体が少し厚いので大きめなリングがないとキーホルダーにつけることができません。

しかもこのリングをつける穴、思ったより厚みがあるんです!

しっかりした造りのリングだと、うまく広げられず取りつけが難しいかもしれません。

なのでステンレス製のしっかりしたキーリングはおすすめしません。

工具としては、ラジオペンチがあると便利ですね。

 

Tile Mateのデザインや大きさのレビュー

サイズ(mm)35.0×35.0×6.2
重さ(g)7.5
通信距離最大45m
電池寿命電池交換タイプ
電池種類CR1632

500円玉で厚さを比べてみましたが意外と厚いですね。

お財布の小銭入れに入れると膨らんでしまう気が・・・。

 

まさし
まさし
ぼくはこのようなリングをつけてカギにつけることにしました。(リングは別売り)

大きめのキーリングをつけたTile Mate

家にある使っていないキーホルダーについているリングで代用できそうですね。

カギにつけるとこんな感じ。

キーホルダー感覚でつけられる

デザイン的にもシンプルなのでどんなキーホルダーとも相性がよさそうですね♪

 

Tile Mateの同梱物は説明書と保証書のみ

 

まさし
まさし
付属品はなく、本体のみが入ったシンプルな包装。

説明書と保証書は割と厚みがあるのですが、日本語で書かれた部分は写真の一部だけ。

設定方法もわかりづらいので、あとで写真多めの解説しますね。

ぜひ参考に初期設定をやってみてください。

 

Tile Mateの電池交換はとても簡単!おすすめの電池も紹介

裏側のフタをスライドさせるとボタン電池が入っている

裏側にあるカバーをスライドさせるだけで簡単に電池交換ができます。

ボタン電池の種類は『CR1632』

おすすめの電池はこちら。

たくさん入ってお得なのはこれ|LiCB 10個入 CR1632

 

1個あればOK|それなら日本製のmaxell CR1632

 

Tile Mateの設定方法(アクティベーション)と使い方

まずはtileアプリのダウンロード。

App Storeの検索ウィンドウに『tileと入力すれば見つかります。

インストールしたらアプリを開いて利用開始。

Tileを追加してメールアドレスで登録をしました。

メールアドレスとパスワードを入力したら新規登録。

入力したメールアドレスに認証コードが届くので、6桁の認証コードを入力します。

指示に従ってtileのロゴを押す(メロディーが鳴る♪)

tileとiPhoneを近づける。

ぼくはtileを車の鍵につけるのでカギを選びました。

ここまでで設定完了です!

 

Tile Mateの使い方(スマホからtileを探す場合)

スマホでtileアプリを起動させて(探す)をタップするだけ!簡単!

tileから音楽が鳴って位置を知らせてくれます。

 

Tile Mateの使い方(tileからスマホを探す方法)

tileのロゴ部分をダブルクリック素早く2回押すするだけ!

本体の中心は押せるようなボタンになってます

スマホがマナーモードでも自動でマナーモードを解除して大音量で知らせてくれます

 

まさし
まさし
奥さんにスマホを借りて電話をかけ、マナーモードの「ブーン」って音に耳を澄ませることは無くなりましたw

 

GPSの精度も正確で紛失したときにも役立ちそう

家から離れたところでも正確に位置を割り出せるか試してみました。

Tileアプリを開いて下の真ん中、地図のアイコンをタップすると検索範囲内であればTileの位置が表示されます。

GPSでカギがどこにあるのか探している様子

 

まさし
まさし
使ってみた感じではかなり正確な位置を示してました!

 

Tile Mateを使った感想とまとめ|家でスマホがなくなることがないので大満足

ぼくが使用してみた感想は、スマホを失くすことがゼロになってモーレツに感動しています。

 

まさし
まさし
これはずっと使い続けていきます

ただ、屋外での紛失防止ってところには少し疑問が残ります。

そもそもの紛失を防ぐなら、自分の手元から離れた時点で通知が来てほしいですね。

ぼくのように盗まれる心配のない場所(家)での紛失なら大活躍間違いなし!

盗難や屋外への置き忘れを追跡するって考えると、反応距離もそこまで長くないので役に立たないケースもありそうです。

自分が求める用途をはっきりさせて買いましょう!

とにかく家で物を失くす人は買っといて間違いなし!

紛失を防いでくれる安心感は半端じゃないです。

ぜひTile Mateを手にっとってくださいね。

 

記事中に紹介したものまとめ

 

スポンサーリンク