ライフハック

はじめてのビニールプール!失敗しない選び方と便利グッズまとめ

スポンサーリンク

いやー今年の夏も暑いです!!

そんな暑い夏にピッタリな遊びと言えば、やっぱりプールではないでしょうか⁈

 

うちの息子もプールが大好きなんですが、なかなかプールに連れて行ってあげられない…。

 

「じゃあプール買ってお庭で遊ぼう!」

 

このように思い立ち、実家にプールを設置して遊んでみました。

 

今回は、実際に設置してみてわかった、プール選びで押さえておくべき4つのポイントと、おすすめの「便利グッズ」を紹介をしていきます。

 

これから自宅でプール遊びをするご家族の参考になれば幸いです。

 

 

ビニールプールは4つのポイントを押さえて選ぼう

1.設置する場所に合ったサイズのプールを選ぼう

以下の順で選ぶのがおすすめ!

  1. どこに設置するのか決める
  2. プールに入る人数を考える
  3. 1・2を考慮したサイズのプールを選ぶ

 

大きすぎず、小さすぎず。各ご家庭に合ったサイズ選びを心がけましょう。

 

通販でプールを買う場合、商品ページに記載されているサイズだけではイメージしにくいので販売ページの写真を参考にしましょう!

うちはAmazonで購入しましたが、販売ページの写真がとっても参考になりました。

Amazonから引用

 

2.インテックス社のビニールプールがおすすめ

Amazonで購入した、インテックスのビニールプールです。

需要が高まっている夏場は、価格の変動が激しいようです。
(うちは少し割高で購入した模様)

 

インテックスのプールがおすすめな3つの理由

  1. 種類が豊富で各家庭に合ったものが見つかる
  2. 口コミの評価が全体的に高い
  3. 実際に使って満足している

以上3つの理由でおすすめしてます!

 

プールがふくらむ過程を参考までにどうぞ

※電動エアーポンプを使ってふくらめました!

電動エアーポンプの詳細は後ほど、便利グッズのところで紹介してます。

 

まずは段ボールから出したところ

 

たたまれていたプールを広げました

 

こちらのプールは空気を入れるところが上下2つ。まずは下からふくらめました

 

完成したプールがこちら

たたまれていたプールはコンパクト!

空気を入れてみると三畳分の大きさに! 意外と大きいですね。

 

3.底面にクッションがあるタイプかどうか確認しよう

プールを設置する場所がコンクリートやアスファルトなど堅い場所で、底面にクッションがないプールを設置する場合、万が一転んでもケガをしないように対策をしておきましょう。

我が家が購入したプールは底面にクッションがないタイプで、設置する場所が庭のコンクリートの上。

こどもの安全やプールの底面を保護する目的で、クッションマットを購入することにしました。

 

クッションマットの詳細は後ほど、便利グッズのところで紹介します。

 

4.水抜き栓が付いているプールを選ぼう

※実際に購入したプールの水抜き栓

水抜き栓があるプールを選べば片づけが楽ちん!

プールって意外と場所をとるので、その都度お片づけが必要になると思います。

そんなとき水抜き栓があるとないとでは、片付け時間や労力が段違いなのです!!

ぜひ、水抜き栓のあるプールを選んでくださいね。

 

おさらいしておきます。

 

ビニールプール選び方まとめ

① 設置する場所に合ったサイズのプールを選ぼう

② インテックス社のビニールプールがおすすめ

③ 底面にクッションがあるタイプかどうか確認しよう

④ 水抜き栓が付いているプールを選ぼう

 

買っておきたい便利グッズ3選

1.電動エアーポンプ

この電動エアーポンプだけは絶対に買ってください!

大事なのでもう1度言いますよ! 絶対買って!!!

 

スイッチをONするだけで空気を入れてくれるなんて、ものすごい働きっぷり! めちゃめちゃ楽できますよ。

ちなみに我が家のプールは10分かからずに膨らめることができました! とても優秀。

 

ノズルが複数あるのですが、プールに空気を入れるときは、こちらを使うとピッタリでした。

 

2.折りたたみクッションマット

うちが購入したプールのサイズが「262×175」と大きめなので、クッションマットを2つ楽天で購入しました。

(上記サイズのプールがすっぽり収まるクッションマットを探したのですが、見つかりませんでした。)

 

本当は、Amazonで販売されているこちらサンドリー(SUNDRY) 折りたたみクッションマット購入したかったのですが、品切れ状態だったので泣く泣く楽天で買うことにしました。

 

折りたたみクッションマットがおすすめな理由

プールの下に敷くものを調べていたら、ジョイントマットや人工芝という選択肢もあったのですが、総合的に考えてクッションマットを購入しました。

折りたたみクッションマット4つのおすすめポイント

  1. 折りたためて省スペース
  2. 広げるだけなのですぐ使える
  3. 軽いから持ち運びが便利
  4. 使える用途が多い

キャンプ、プール、海水浴、運動会、災害時の敷布団の代わりなど、ざっと挙げただけでも使い道がたくさんあるので、用途に合わせて使えるところが決め手になりました。

 

3.サンシェード

熱中症が心配なのでカーポートの下など、直射日光にあたらない場所でプール遊びをさせたいですよね。

 

ですが、カーポートがないお家もありますよね? そんなときはサンシェードを使って日陰をつくるのがおすすめです。

 

番外編:プール遊びで活躍するおもちゃ

浮き輪

INTEX(インテックス) プールクルーザー 59380 【柄指定不可】

432円(税込)

こちら4つの柄があるのですが、柄の指定が不可なんですよね!

どれが届くか来てからのお楽しみ! ちなみにうちはサメでした。金魚みたいなやつじゃなくてよかった(笑)

100均で買えるもの

  • カラーボール
  • ゴムボール
  • 水鉄砲

100均のおもちゃでも楽しそうに遊んでいました!

 

プールの設置、片づけにかかる時間はどのくらい?

今回購入したうちのプールの場合

 

空気が入るまで10分

半分の水が入るまで約30分

半分の水が抜けるまで約1時間

片づけ(空気は抜かない)約20分

 

プールの準備って時間がかかるんですね!

遊ぶ時間までに余裕をもって準備をしておこう!

 

午後から遊ぶなら、遅くともお昼ごはん前には空気と水を入れておきましょう。

 

水を抜く時間が予想以上にかかります!

プールやクッションマット、おもちゃを干す時間を考慮して、15時を目安に水を抜きはじめるのがいいと思います。
(3時のおやつで上がるのがおすすめ)

 

遊んだ後の片づけは体力的にもキツいので、協力して短時間で行いましょう!

 

まとめ:こどもが楽しく安全にプール遊びができるように準備しよう

準備にかかった費用をまとめました。

商品 価格(円)
ビニールプール 3,636
電動エアーポンプ 2,700
クッションマット 5,876
サンシェード 3,086
すだれ ハンガー×2個 1,980
ガイラインアダプター 540
プールクルーザー 432
100均のおもちゃ もらい物
合計 18,250

 

合計で18,250円

あんまり気づいてなかったですが、地味にかかってますね(笑)

ですが、大切に使えば数シーズン持つと思いますので、そう考えればそこまで高くないですよね。

 

中には割高で購入したものが複数あったので、余裕をもって早めに購入していただければ、もう少しお安く購入できるかと思います。

 

プールを設置してみて、こどものはしゃぐ姿を見ていたらこちらも元気になれました!

本当に設置してよかったと思います。

ぜひ、この夏は自宅プールで大はしゃぎしちゃいましょう!!!

スポンサーリンク