今、買うべき一押しのボクサーパンツはこちら
ゼロキューブ

土地購入で必要な『7つの諸費用』僕が払った費用の内訳全部見せます

スポンサーリンク

ぼくが土地を買って気づいたこと。

諸費用想像以上に高い

しかもこの諸費用、土地代金とは別で支払いが必要なのに自己資金(貯金)から支払うことになるんです。

 

まさし
まさし
実体験から、『どんな諸費用がいくら必要なのか?事前に知っておくべきだと思いましたね。

なんとか払うことができたけど『かなりギリギリだった!

そんな失敗から、「同じように困る人が少なくなればいいなー。」という思いで本記事を執筆しました。

支払う諸費用の目安になるように、ぼくが支払った金額はすべて公開してます。

 

この記事で解説している3つのこと

  1. 【土地購入】で支払う7つの諸費用はこれ!
  2. 【土地購入】先に知っておくべき『諸費用の総額』全部見せます
  3. 【土地購入】支払う『7つ諸費用』を丁寧に解説

 

本記事で諸費用の詳細までバッチリ理解できるはずです。

資金繰りで慌てることがないように、じっくりと読み進めてくださいね。

土地購入で必要な『7つの諸費用』僕が払った費用の内訳全部見せます

右も左もわからない状況から土地を購入して早3か月。

 

まさし
まさし
払った費用が”想像以上”で計画的な準備が必須であることを学びました。

まずは7つの諸費用、その種類から見ていきましょう。

 

【土地購入】で支払う7つの諸費用はこれ!

7つの諸費用リスト7つの諸費用リスト

ぼくが支払う7つの諸費用をまとめました。

 

まさし
まさし
これ全部『土地の購入代金とは別で必要になります。

ではそれぞれいくら必要なのか?

7つの諸費用の内訳と総額を見ていきましょう。

 

【土地購入】先に知っておくべき『諸費用の総額』全部見せます!

諸費用の総額諸費用の総額

 

まさし
まさし
諸費用の総額は約140万

リアルな数字の内訳です。

種類金額
手付金500,000
印紙代10,000
登記費用156,330
仲介手数料314,280
固定資産税62,586
土地のつなぎ融資362,437
不動産取得税まだ来てません!
合計1,405,633

※抜けてる諸費用は追記します。

この諸費用は自己資金(貯金から出しました

いきなり払えといわれても、すぐに用意ができない可能性がありますよね・・・。

こうならないためにも、資金計画表の作成依頼がとても重要!

諸費用を含めた資金計画表(必要なお金や出ていくタイミングが明記されたもの)を早めに出してもらいましょう!

 

まさし
まさし
ネットで調べたら『諸費用の相場物件価格の5~10%程度でした。

ぼくの物件価格(土地+建物)は約3500万なので、そう考えると安かったかもしれません・・・。いや、高いわw

諸費用が高すぎて払えない!

こんなことにならないよう、自己資金を貯めておく必要がありそうです。

 

土地購入で支払う『7つの諸費用』を丁寧に解説します

7つの諸費用を解説7つの諸費用を解説

1.手付金ってなに?知って納得な豆知識

手付金は「その土地買います!」という明確な意思表示の他に、土地の売買において双方が簡単にキャンセルできないようにする仕組みでもあります。

この手付金、実は支払う金額は決まっていません!

しかし少額だとトラブルに発展する可能性があります。

手付金が極端に少ないとダメな理由はこちら。

 

まさし
まさし
1000万円の土地に『1万円の手付金を支払って売買契約したぞー。

横取り男
横取り男
俺はその土地に1010万払う!

このように、後から「上乗せして土地を買いたい!」という人が出た場合に横取りされてしまう可能性があるんです。

 

不動産屋
不動産屋
手付金1万円の契約は『お金を戻してなかったことにして、高く買ってくれる方と契約し直そっ♪

なんてことになりかねません。

また、売買契約後に自分(買主)が「やっぱいらない!」といった場合には、逆に手付金が没収になりますので自己都合のキャンセルは注意が必要です。

土地購入は、『仮押さえをして住宅ローンの事前審査に進む場合がほとんどだと思います。

ぼくのケースだと複数の住宅ローン審査をおこなったので、1か月以上仮押さえしてました。

住宅ローンの審査中に”別の人”に買われてしまわないよう、極端に低い金額設定には注意しましょうね。

 

手付金の金額や相場はいくら?A.ぼくの場合は50万円を支払いました

「じゃあいくら払えばいいの?」について具体的な話をしていきますね。

実際には「いくら必要です!」と、担当に言われるケースが多いです。

逆に、前もって知っておきたければ「どれくらい払えばいいですか?」と、アドバイスをもらえばOK。

 

まさし
まさし
ぼくもわかんなかったので、素直に建築士に相談しましたよ。

一般的な相場としてはこのどちらか

  • 土地代金の5~10%
  • キリのいい100万円

ちなみにぼくが払った手付金は、970万円の土地に対して50万円。

土地代の5%ほどなので相場かなーと思います。

提示された手付金が想定より高かった場合は、「費用を抑えてほしい!」と伝えてみましょう。

場合によっては引き下げてくれる可能性もありますよ♪

 

払った手付金ってどうなるの?A.購入代金の一部に充てられます

ぼくのケースに当てはめて、わかりやすく解説します。

 

~手付金の行方を解説~

  • 970万円の土地が欲しい!
  • 手付金として50万円支払う
  • 住宅ローン審査に通って土地購入の融資を受ける
  • 手付金の50万円を引いた、残り920万円を売主に払う

 

売買契約が完了すると、購入代金の一部に充てられ手付金は戻ってこない

最終的に支払うものなので”いったん戻す”ことはしないようです。

 

まさし
まさし
契約する前提で話を進めるので、手付金が戻ってこなくても困らなうようにお金を用意しておきましょう。

 

住宅ローンに通らなかった場合の手付金はどうなるの?A.手付金が返ってくるのが一般的

 

まさし
まさし
ローンに通らなかったら手付金はどうなるんですか?

建築士
建築士
白紙になって手付金が全額返ってきますよ

この白紙に戻せる契約のことを『住宅ローン特約といいます。

この住宅ローン特約で注意して欲しいポイントはこれ!

売買契約書に住宅ローン特約の記載があるかチェックしましょう。

故意に記載しない悪徳業者もいるらしく自衛のためにも確実に確認してください。

住宅ローン特約の記載場所について説明がなければ、どこのページに記載があるか聞いちゃいましょう!

 

まさし
まさし
つまり、住宅ローン特約さえ事前に確認しておけば、ローンに通らなくても手付金は返ってくるので安心。

 

2.印紙代とは?A.売買契約書に添付されるもの

土地を購入するときの売買契約書に添付されるものです。

この印紙代は、ローンの可否にかかわらず返ってきません

また、印紙代は土地の価格によって変わります。(土地代が高いほど印紙代も高額

金額印紙代
100万円以上500万円以下2,000円
500万円以上1,000万円以下1万円
1,000万円以上5,000万円以下2万円
5,000万円以上1億円以下6万円

 

住宅ローンが通らないと損をするのは印紙代。

 

まさし
まさし
地味に高い印紙代ですが返金されないことを覚悟しておきましょう!

 

3.登記費用とは?A.登記をしてくれる司法書士に払うお金

土地を購入すると『所有者がだれなのか?』はっきりさせるために登記手続きが必要になります。

その手続きを代行してくれるのが司法書士。

費用は依頼する司法書士によって変わる

ぼくは言われるがまま、売主側の司法書士に手続きしてもらいましたが、今思えば合い見積もりすれば「もっと安くなったのかな?」と思っています。

 

まさし
まさし
  • 自分で選んだ司法書士に依頼ができないか?
  • 安く済ませる方法がないか?

この2点を確認しておくと、費用が抑えられる可能性がありますよ。

 

4.仲介手数料とは?A.土地が購入できたとき不動産屋に支払う成功報酬

仲介手数料は上限が定められており、土地の価格によって3つに分類されます。

土地の価格仲介手数料
200万円以下の部分5%+消費税
200万円超400万円以下の部分4%+消費税
400万円超の部分3%+消費税

 

ぼくのケースだと、970万の土地を買ったので『3%+消費税となります。

9,700,000(土地代)×3%=291,000

291,000×消費税(1.08)=314,280

 

まさし
まさし
まずないとは思いますが、不当な金額を請求されないために知っておくと役立つ知識ですよ!

 

5.この場合の固定資産税ってなに?A.土地の所有権が移ってから自分が払うはずの分を清算する

ちょっとわかりづらい表現だと思いますので順をおって解説します。

固定資産税の支払いは『1月1日にその土地を所有している人が支払います。

ぼくは2019年2月に土地を購入したわけですが、今年分の固定資産税はすでに売主側で払っていたんです。

そのため、ぼくが土地を購入してからの分を、土地の売買契約時に同時清算したってわけ。

 

まさし
まさし
実際には、購入した日から計算して日割りで固定資産税を支払うことになります。

 

6.土地のつなぎ融資ってなに?A.土地を購入するときに受ける融資の手数料のこと

住宅ローンって審査に通ったらすぐに借りられると思っていませんか?

住宅ローンの融資実行はマイホームの引き渡し日

つまり、家が完成しないと住宅ローンの融資は受けられません!

「じゃあどうやって土地の代金を清算するの?」

こう疑問に思いますよね。

こんなときは、土地の代金も含めた『必要な費用を支払うための融資を受けるんです。

これを『つなぎ融資』と言います。

 

まさし
まさし

このつなぎ融資、ぶっちゃけかなり高いです!

しかも住宅ローンを組む方は、ほぼ利用せざるを得ない・・・。

つなぎ融資だけでもかなりのボリュームがあるので、別記事で詳しく解説しています。

損をしないためにもぜひご覧ください。

 

 

7.不動産取得税

不動産取得税についてはまだ請求がきてません。

土地の所有権が移ってから3~4か月後に、県から納付請求がきます。

詳細は支払ってから追記したいと思います。

 

まとめ:土地購入の諸費用は高い!計画的な準備が必須

土地購入の諸費用まとめ土地購入の諸費用まとめ

 

まさし
まさし
ぼくが土地購入で支払ったトータルの諸費用は約140万!

よくわかってなかったとはいえ、予想をはるかに上回る金額でした・・・。

最後に『土地購入の諸費用』で重要なポイントをおさらいしておきます。

 

土地購入の諸費用まとめ

  1. 土地購入の諸費用はかなり高い!
    (最低でもぼくと同じかそれ以上は必要)
  2. 土地購入の諸費用の相場は『物件価格の5~10%
  3. 手付金を含めた諸費用は『自己資金(貯金)でまかなう必要あり
  4. 資金計画表を最速で用意してもらい『諸費用の金額や支払うタイミング』を明確化しておく

 

 

実体験をベースに記事にしたので、あなたのお役に立てると確信しています。

ぜひ、重要なポイントを押さえたうえで、計画的に立ち回ってみてくださいね。

スポンサーリンク