ライフハック

家電量販店で安く買うための4ステップ!せどり経験者が教えます

スポンサーリンク

物にもよりますが、家電って意外と高いですよね?

できるだけ安く買いたい!  誰もがそう考えるのではないでしょうか。

 

値切りたいと思うものの、いざ店員さんを前にすると「安くして!」って言えない…。

こんなことで悩んでいませんか?

 

この気持ちよくわかります! ぼくも最初は苦手だったので!

でもこれは、値下げ交渉の回数を重ねればすぐに慣れますので安心してください。

 

ぼくは実店舗せどりをやっていた時期に、度重なる値下げ交渉をしてきました。

そのお陰で値切るコツが分かったのでシェアしたいと思います。

 

今回の記事では、ぼくが実践して効果を実感した「家電を値切って安く買うための方法」を、わかりやすく4ステップで解説していきます。

 

家電を安く買いたい方は必見の記事です。

ぜひ実践して家電をお得に買ってくださいね。

 

 

まずは一般的によく知られている値切り交渉術を3つ紹介

1.売上目標のノルマを逆手に取った方法

  • 土日祝日に買いに行く
    土日祝日→お客が大勢見込めるため売上目標のハードルが高い。

  • あえて雨の日を狙う
    雨の日→客足が鈍るため売上目標の達成が難しい。

つまり量販店が価格交渉に応じやすい状況で交渉するということです。
(ノルマを達成するために販売数を伸ばしたい! という背景があるので交渉しやすい)

 

2.家電量販店の決算時期に買う方法(1年に2回あります)

総決算3月、中間決算9月の量販店

  • ヤマダ電機
  • ケーズデンキ
  • ヨドバシカメラ
  • ノジマ電気
  • エディオン
  • 上新電機

 

総決算2月、中間決算8月の量販店

  • ビックカメラ・コジマ

決算セールを開催しているか? 調べる方法ですが、事前にお店のHPやWebチラシを確認しておくと確実ですよ。

 

3.価格.comを使って値下げ交渉をする方法

あらかじめ購入を検討している商品の最安値を価格.comで下調べする。

実際に店舗を訪れた際に、下調べした価格を元に値下げ交渉をする。

 

一般的なのはまとめるとこんな感じ。

 

この3つを意識して値下げ交渉をするだけでも効果はあります。

が、これではまだまだ不十分!

 

ここからは、実際にぼくが量販店で使用していた値切りのノウハウを紹介します。

 

ぼくのノウハウは、足を運んだ初日に威力を発揮するものではありません!

ここだけ注意していただきたいです。

 

量販店やそこで働く店員さんと「関係構築」をすることで、絶大な効果を発揮するための4ステップです。

 

値切るために必要な4つのステップ

ステップ1
行きつけのお店を作ろう

f:id:oh-oka-m:20171026093223j:plain

ぼくが最初に意識したのは
「行きつけのお店をつくること。

 

なんか飲み屋と一緒ですねw
しかし侮るなかれ!

 

行きつけのお店でお得な情報をGETしたり、サービスしてくれた!
このような経験は誰でも1度はあると思います。

 

これ量販店も原理は全く一緒なんです!!! 交渉する相手も同じ人間。

 

足繁く通って関係構築が出来れば、価格交渉がめちゃくちゃ有利になります!

 

ぼくは近所の量販店には何度も通いました。

 

これは用もないのに行けってことではないので安心してくださいね。

家電を買い替えるお店を固定してねってことです。

 

行きつけのお店選びはこちらを参考にしてください。

お店の選び方のポイント

店舗規模が大きいところを選ぼう!
(店舗が大きいほど商品の入れ替わりが激しく、売上目標も高く設定されているので、価格交渉がしやすい環境なのです。)

 

お店の雰囲気や、店員さんの好みもあると思うので、なるべく大きな量販店をいくつか回ってみて決めるのがおすすめです。

 

ステップ2
店員さんと仲良くなろう

f:id:oh-oka-m:20171026010058j:plain

店員さんとの間に信頼関係を築くことで、得する情報を聞き出せたり、価格交渉がしやすくなります。

 

実際にあったぼくのケースを紹介。

  • 得する情報について

セールの時期を前もって教えてくれた

欲しい家電のお得に買える情報を教えてもらった

 

  • 関係構築後の価格交渉のとき

値引き交渉が驚くほどスムーズになる

無料で有料の保証に加入できた

値引き交渉の成功率と値引き率up

担当さんが勝手に値引きしてくれる

勝手に値引きする担当さんとか、出来すぎですよねw

 

関係構築する店員さんは、店長さんなど偉い人を選ぼう

理由は、権限が与えられてる人じゃないと、思い切った値下げが出来ないからです!

 

必然的に若い店員さんよりベテランっぽい人を選んでました。
(服装や名札に注目するといいですよ)

 

でも、なんかとっつきにくそう!!!

って感じの人ばっかだった場合は、誠意たっぷりに対応してくれそうな人を探しましょう。

若い人でも、上司と掛け合ってくれる場合もあります。

 

話すキッカケは、

この商品が気になってるんですが…。
とかでOK!

適当な理由をつけて説明してもらうのが手っ取り早いかなと思います。

 

ここで忘れてはならないポイント!

  1. 失礼のない態度を心がける
  2. 名刺をもらう
  3. 店員さんを名前で呼ぶ
  4. 以後、毎回この人から買う

 

以上を忘れず実行してください。

 

まとめるとこんな感じの流れになります。

仲良くなる流れまとめ

  1. 偉いっぽい人を探す
    服装や名札に注目しましょう。

  2. 見つかったら、適当な商品の説明を聞く
    このとき名札を見て名前を覚えます。

  3. 製品の話を聞いた後や、そのときの流れでこう切り出す
    とても親切に対応していただいたので、これからも〇〇さんに接客をお願いしたいと思います。よろしければ名刺いただけますか?

  4. それからは店員さんを名前で呼ぶ!
    名前を呼ぶだけでこちらの印象は大きく変わります。
    そしてこちらを覚えてもらえるようにもなります。

  5. その後
    あとは来店する度に、この仲良くなった店員さんを呼んで価格交渉をして、値切って購入する。これだけ!

 

 

ステップ3
値切りやすい商品を狙おう

f:id:oh-oka-m:20171026010250j:plain

値切りやすい商品とは、

ズバリ型落ち商品!!!
(旧モデルとも言います)

 

こんな安くしてくれんの⁈ って驚いた商品に共通していたのは、型落ち商品でした。

 

消費者の心理としては、新製品と旧モデルが同じ価格帯だったら、確実に新製品を選びますよね?

 

量販店としても、旧モデルの在庫を抱えたままではいけませんので、安くせざるを得ないのです!! ここをうまく突きましょう。

 

でもさ、型落ちって大丈夫⁈
って思う人もいると思うんですよ。

 

結論は、全く問題ない!!

 

型落ちとはいっても、新品であることに変わりはないし、新製品の性能が劇的に進化しているってことはほとんどないんですよ。

 

新製品のこの機能じゃなきゃイヤ! 」 って場合は別として、安く買うことに特化するなら、型落ちをオススメします。

 

型落ち商品の見分け方

これは簡単で自分たちで見分ける必要がありません。

機能についてこだわりがないので、なるべくお安く購入できる商品はどれですか? 多少古いモデルでも構いません!

こう聞くと間違いなく型落ちが紹介される。

量販店も積極的に型落ち商品を売ってしまいたいんです。

 

あともう1点、

激安になる商品として展示品があります。

 

展示品は、人の手に触れてますので、そこを気にしないって人向けですが、メチャメチャ安くなる可能性があります!!!
(カメラとか高価なものも安くなりました)

 

新品にこだわりがなければ、展示品で価格交渉するのはかなりオススメです。

 

ステップ4
実際に値引き交渉をしてみよう

f:id:oh-oka-m:20171026092921j:plain

ここまできたら、もう値引き交渉ガンガンしましょう!

すこし長い道のりのように思えますが、安く買うためです。
頑張りましょうw

 

値引き交渉の流れとテクニック解説します。

 

ぼくの場合は、

  1. 店内を見て回る
  2. ほしいものをピックアップする
  3. 店員さんを呼ぶ
  4. 価格交渉

 

こんな流れでした。

 

時と場合によると思いますが、ほしいものが複数ある方が値引き交渉がしやすいです!

 

つまりまとめ買い!
まとめ買いができれば、値引き交渉の成功率が上がるだけでなく、値引き率も高くなります!! まとめ買いも要チェック!!!

 

値引き交渉の流れ

まずは現金値引から打診します。

ぶっちゃけ現金値引が1番うれしいので、ここから。

 

言い方としては、

「この商品を買うって決めたんですが、予算が少しだけ合わないんです。
なんとか〇〇さんのお力で、少しでもお安くなりませんか?」 

これがぼくのヘビロテの言い回し!

 

この時に大事なポイント!

  • 買う気マンマンなオーラを出す
    店員さんも買う気がない人を相手している暇はない

  • 「買う」って言いきる
    買うと言い切ることでこちらの本気度を見せつける

  • 予算が少し合わない
    こう切り出すことで値下げの余白を作る

  • 現金値引に難色を示すようであればポイント値引きに持ってく
    「ポイントでの値引きも難しいでしょうか?」
    とすかさずフォロー

 

これでもダメなら潔くあきらめましょう(笑)

一瞬なんで値引きしねーんだよ!!!
ってムカつくけど、グッとこらえてここまで頑張った自分を褒めて落ち着きましょうw

 

最後に量販店の特性をちょっとだけ解説。

今までの統計上、現金値引は断然ケーズデンキがオススメ!

ポイントは、ヤマダ電器ってとこでしょうか。

 

個人的には、ケーズデンキで買うことが多かったです。
(都会の方は、ヤマダのLABIがオススメ)

 

やっぱり現金値引が1番ですし、なによりケーズは値引きするのが普通! みたいな感じありました。最低でも税込には持ってける自信あります。
(表示価格は基本税抜き)

 

ただ、地域や店舗によっても変わるので、値引きされなくても悪しからず。

 

終わりに:4ステップを使いこなすとさらなる値引きが可能になる

安く買う方法というより値切る方法に特化しました。

過去のことを思い出しながら書いたのですが、当時はよく量販店に通ったので、今でもしっかりと覚えていました。

 

せっかくなので、

初日に値切るパターンも書いて終わりにしたいと思います。

 

初日に値切るパターン

  1. 行ける範囲の大型量販店を選んで向かう
  2. 欲しいものをピックアップ
  3. 店長を探す
  4. 欲しい商品の説明を聞く
  5. 名刺をもらう
  6. 下手に出つつ価格交渉

 

ぼくならこんな感じで実践します。

 

初日に値切るパターンでも安くなることはありましたが、充分な威力は発揮できていない印象があります。

 

通える範囲に量販店がある場合は、4つのステップを意識して行動してみてください。

 

ぼくは先日もこのやり方で、プリンターをネットの最安値よりも安く購入してきました。

 

みなさんの家電が安くなりますように!!!!

 

おしまい

スポンサーリンク