MENU

ブログを書くなら絶対おすすめする良書「武器としての書く技術」

f:id:oh-oka-m:20171106000043j:plain

ブログを始めてみたはいいものの、

「記事ってどうやって書くものなの?」

 

これは大多数のブログ初心者が抱いたであろう疑問である!!

何を隠そうぼくもそう思ったのだ。

 

そこで先輩ブロガーの嫁さんに聞いてみた。

「ブログってどうやって書けばいいかイマイチわかんないから教えて‼」

すると彼女はめんどくさそうに1冊の本を紹介するのであった。(表情に出てるーw)

 

その本が、イケダハヤト氏の著書『武器としての書く技術』だ。

 

書くために必要なエッセンスがふんだんに詰まったブロガーの指南書、『武器としての書く技術』はブロガー必読の1冊である。

 

ブログを書くなら読まれたいですよね⁈

あなたはただブログを書くだけで満足なんですか?

 

 

『武器としての書く技術』で学べること

f:id:oh-oka-m:20171106000723j:plain

はいこれ見出し。

第1章 

文章が残念な人の10の特徴

 

第2章

凡人の文章を最強の文章に変える10の魔法

 

第3章

月40万字書き続けるぼくの12の秘密

 

第4章

ここまで公開していいのか?書いて月50万稼ぐ法

 

第5章 

書く技術はこんなに人生を豊かにする

 

イメージしやすくすると、

 

  • 第1章 書く上で注意すべきポイント
  • 第2章 テクニック
  • 第3章 マインドセット
  • 第4章 ブログの稼ぎ方
  • 第5章 ブログを書いて得られるメリット

 

こんな感じに言い換えられると思います。

学べることたくさんあるね!!! とりあえず読んどこw

 

まだ10数記事しか書いてないへっぽこブロガーだけど、自己流で書いた記事を振り返ると、吐き気をもよおすレベルで読みにくいことに気がついた!!

オェーーーーッ!!! だわっ。ほんとw

 

それがね、読んで実践することを心がけた最近の記事は、若干厳しめの先輩ブロガーである嫁さんもちょっぴり認めてくれるレベルになった。(うれしー)

 

ここで確実に言えるのは、書くことを習慣にしてなかった人が自己流で書き始めると、

「読みづらく、日記っぽく、何が言いたいかわからない」そんな感じの文章に高確率でなる。(日記が読んでもらえるのは芸能人とかだけだぞ!)

これでは読者に読んでもらうのは難しい。

 

忙しい現代人の足を止めるにはそれなりの知識やテクニックが必要なのだ!!!  

読み手に伝わりやすい文章を書くには、読みやすくするテクニックがあったり注意するポイントがあるわけ。

 

で、ここがすごいとこなんだけど、難しいことはあんまないんだよね!!

始めたばっかのぼくでも意識すればすんなりと取り入れられる!!(わかりやすい例題が各所にあるのがうれしいポイント)

これは書くことを生業にしてきたイケダハヤト氏の表現のうまさだと思うなぁ。

著者イケダハヤトってどんな人 ?

86 年生まれ。

 

早稲田大学政治経済学部を卒業後、大手半導体メーカーに就職。

 

当時としては珍しかったツイッターを利用した広報活動や、ソーシャルメディアに関するブログを開設。

 

それが注目を集め、コンサルティングを行うベンチャーにヘッドハンティングされる。

 

2011年3月にフリーランスになって以降もブログを武器に情報発信を続け、書籍の執筆、講演、NPO 支援などで幅広く活躍。

 

1 つのブログ記事を書く時間は15 分で、その書くスピードと量は他の追随を許さない。

 

月に40 万字を書き、ブログは月の累計が70 万PV、約30 万人が訪れる。

 

書くことを武器とするプロブロガーとして注目を集めている。

 

著書に『年収150 万円で僕らは自由に生きていく』(星海社新書)『旗を立てて生きる』(晶文社)などがある

〔著者紹介〕から引用

 

ぼくと同い年なのにこうも違う経歴か!! って驚くわw

4年前の紹介なんで現在の月間PVはもっと上ですね(200万PVとか言ってたような)

現在は仮想通貨にハマってるみたいですね。

後に広がりをみせる創成期のサービスを探す嗅覚に優れている方だなって印象です。

『武器としての書く技術』ってこんな本!!!

f:id:oh-oka-m:20171106000856j:plain

この本で披露するのは、
どうやれば
人の目を引く文章が書けるか、
どうやれば
面白い文章が書けるか、
どうやれば
書くことをお金に換えられるか、
どうやれば

書くことで人生を変えられるかについてのノウハウです。

冒頭から引用。

これで伝わったと思う。余計な言葉はいらない!!!

 

ぼくが紹介するとこんな感じ

自分が最後にアウトプットした日のことを思い返してみたのだが、ずいぶんと前だったことに気がついた。

 

アウトプットをすることはぼくにとって非日常だったわけだ!(初心者はもれなくそうだと思う)

そんなヤツのブログがおもしろいはずもなく当然読まれない。(悲しい)

 

ブログを書き始めて思い知ったのが、自分の頭の中に浮かぶ言葉を文字で表現することの難しさだ!!

利き手じゃない手でご飯を食べる感覚に似ているかもしれない。

「なんかこう、やり方はわかってんだけど、うまくできん」的な。

 

ブログに置き換えると、

「頭の中にいっぱい伝えたいことは浮かぶんだけど、それらを相手にうまく伝わるような文章にできない」ってところか。

ぼくセンスないかも⁈ ってガックリと肩を落とすよねw

 

そこでこの本が登場したわけだ!(救世主)

『武器としての書く技術』を読んで参考にしつつ記事を書いたら少しづつ読まれるようになったんだよね。うれしかったなぁ。

 

この本はぼくにとって、

伝わりやすくなる方法を教えてくれた教科書

だったように思う。

 

ブログも学生時代の勉強と同じで教科書が必要なんですよ。結論はね。

読んでみてわかったこと

f:id:oh-oka-m:20171106002036j:plain

オススメしない人
  • ブログを書くだけで満足
  • ブログで稼ぎたいと思わない
  • イケダハヤト氏が嫌い(冗談ですw)

 

こんな人にはオススメしません!

 

オススメする人
  • ブログで稼ぎたい
  • ブログを書くなら読まれたい
  • ブログを書くためのテクニックを学びたい

 

まぁおすすめしない人の逆だわな

 

注意点
  • 初心者はブログを書くことに慣れるまで、学ぶとこを限定する方がいいかも⁈

初級から中級? くらいまで広めにカバーされているので、初心者はこの本の全てをインプットすることにこだわるよりも、1・2章を意識して繰り返し書くのがいいかも。(ぼくはそうした!)

 

  • 少し情報が古い (出版日2013年6月)

ただ一言付け加えさせていただくと、4年以上前にこの境地なわけで、しかも現在でも使えるテクニック満載なわけですよ。確実に良書!!!

 

  • どうしても紙じゃなきゃって人は値段が厳しい!!!

Amazonでみたら単行本がプレ値になっていた(新品6498円+送料、中古でも定価の倍)

買うなら Kindle一択!(802円)安っ!!

価格はいずれも2017/11/05現在のもの

終わりに

著者はウェブで文章を発表することを「ストリートライブ」という言葉で形容した。

引用のストリートライブのとこ、ブログに置き換えてイメージしてみて!

ストリートライブは、当たり前のことながら、はじめはお客さんなど一人もいません。

多くの人が行き交う雑踏の中、あなたは歌い始めます。

とてもいい曲なのに、誰も足を止めてくれない。

イントロ部分で止まってくれても、途中で帰ってしまう人もいるでしょう。

ストリートライブは、実力にプラスして、人を引きつける力も必要になるのです。

始めたばかりの自分って売れないミュージシャンと同じかw

売れないミュージシャン早く卒業したいわー!!!

 

自分が表現した文章を誰にも読んでもらえないことほどつらいことはありません!!

ブログをやめちゃう理由って読んでもらえないのも一因だよね。

アクセス解析みて一桁とか悲しすぎるもんな(ほぼ自分w)

 

自分がこの世に生み出した文章に価値を感じてもらうために『武器としての書く技術』を読んで実践してみましょう。

あなたのブログも読まれるようになるはず!!!!

kindle本なら802円ですよ⁈ ランチ行くより安い!!!

迷わず買いでしょ!!!

 

最後にぼくのお気に入りの一文を紹介

なんの感情も引き起こさないような、他の誰にも話したくならないような文章はこの世に生まれた意味がない

ぼくはこのメッセージが胸に突き刺さりました!!! 痛いですw

これから読んでくれるであろう未来の読者に向けて、良質な記事を届けるつもりで書きましょう!!

そのためにこの本が一役買ってくれます。

ぼくも読み込んで、実践あるのみって感じで頑張ります!!

あなたも是非手にとって実践してみてくださいね。

 

今回の引用文は「武器としての書く技術」からすべて引用しました。

 

おしまい。