SNSで素直な気持ちを表現してシャイな自分とオサラバしよう

スポンサーリンク

f:id:oh-oka-m:20171202230835p:plain

ぼくはシャイである!!!

こんな風に思ってる人はどのくらいいるんだろうか。

 

シャイで自分をうまく表現できないって人って多いと思うんだよね。

ぼくは間違いなくシャイボーイだった。(過去形)

 

ぼくもブログとTwitterを始めるまでは、素直に表現するのがヘタクソで、感じたことや思ったことを胸にしまっていることが多かった。

 

SNSは見る専門で、『いいね!』などのアクションを起こさないって人、結構いると思うんだよなぁ。

 

でも、それってもったいない!

 

自分が『いいね!』するようになって、されるようになって世界が変わった。(ちょっと大げさw)

シャイなあなたを少しずつ変化させるスパイスとして、SNSは役立つと思うんだよね。

ぼくがそうだったように。

 

あなたがシャイじゃなくなったら、見える世界が変わると思うよ。

ぼくが変われたキッカケを書いてみます。

あなたがシャイを克服するヒントや気づきがあるはずなので、是非とも読んでください!!

 

 

素直に表現できていないと気付いた瞬間

f:id:oh-oka-m:20171031160502j:plain

始めたばっかのブログとTwitter。

ぼくが記事を投稿したら以下のような反応をもらったのね。

 

やれ「記事を読めてラッキー♪」だの、

やれ「ブログ記事面白かったです」だの、

やれ「ブログを始めるキッカケになりました」だの言われたわけ。

 

これ、ものすっごぉーくうれしかったんですよ!

ありがとうございます(もっと募集してますw)

 

だけど、うれしさと同時に、 

ぼく自身は彼らのように思ったことや感じたことを素直に表現できているのだろうか?  

こう疑問に思ったのね。

 

ブログを始めてからのことを振り返ると、

「こんな良記事に出会えてラッキー♪」

「この記事面白い!!」

こんな場面にはいくつも遭遇した。

 

それにもかかわらず、ぼくはほとんど素直な反応を示さなかった。

 

あなたはどんなときに表現しますか?

 

思った通りに表現できないことの原因はなんだろう? そう考えたとき、今まで生きてきた中で何かを表現する機会ってあんまりなかったなーって思ったんだよね。

 

日本特有の何かがあんのかな?

って疑問に思って調べてみた。

そしたらちょっとわかったことがある。

日本人は主張や表現がド級に下手クソである

f:id:oh-oka-m:20171031160505j:plain

日本人が欧米人に比べ主張や表現の能力が著しく低いってのがわかった。

 

理由は、日本の教育では、自己表現や自己主張の能力を高めるような機会はほとんど与えられておらず、そこがあまり重要視されていないから。

 

日本は個性を伸ばすというより、みんなに同じ能力を身につけさせることに特化した教育方針ってこと。

 

決定的に欧米と違うのはこの教育方針ってやつだなと理解した。

子供の頃から定期的に発表とか主張する場が設けられていて、考えることや表現することが日常化してんだよね。向こうは。

 

まぁ考えてみればアメリカってさ、多種多様な文化や価値観、人種。これらが入り混じってるわけだから、必然的に高い自己表現や自己主張の能力が求められるよなーって話だよね。納得!

 

表現するってことに関しては、育った環境でも差がついちゃうってのがわかってもらえたと思う。

要は、日本人はそういう習慣がないってことだ。

表現がヘタというよりド素人なんだよなぁー!!

これでは表現が下手クソでも、シャイでも、ある程度仕方がない! みたいなとこある。

 

あと、習慣って言葉が出てきたのでもう1つ、日本のよくない習慣について話しておきたい。

なぜ失敗は恥ずかしいのか?

f:id:oh-oka-m:20171031160508j:plain

ぼくが考える日本のよくない習慣の代表格は、

「失敗することは恥」ってやつ。

 

ぼくも直接誰かに言われたわけではないけど、なんか空気で察するときあるよね?

 

こういう考えが浸透してんなーって根拠に、チャレンジしてる人の割合が圧倒的に少ないってのがある。

しばらくぶりに友達に会ってもみんな変わってないもんな。

 

失敗することを恐れる背景には、

「チャレンジ失敗を笑う」って日本の風習が深ーく影響していると思う。

とっても悪い風習だ。嫌い。

アメリカはさ、「そんなんフツーじゃん」ってノリらしい。

失敗することが恥って考えてしまうのは、失敗すると笑われるからってことなんだな

これをSNSで表現する場合に置き換えてみると、

自分が起こしたアクションで相手がどういう反応を示すのかわからない!!

 

変な意味で捉えられたらどうしよう?

お前だれ?」って言われたらどうしよう?

言ってること全然伝わってないわー」って思われたら?

 

こんな風に、深読みし過ぎたり空気を読んで躊躇しちゃう感じと似てると思うんだ。

 

ぼくの場合、すごくよかった内容なのに、相手を知らないだけで『いいね!』とか『コメント』をするべきか結構な頻度で悩んだんですよ。

 

相手にどう思われるか気にし過ぎてフリーズする

まぁ向こうは何とも思ってねぇよって話んだけどw

 

ぼくはFacebook、Twitter、Instagramこれら一通りのアカウントを持っている。

すべてのSNSに共通してたのは、繋がりのない誰かに『いいね!』することをためらっていたということ。

 

日頃からコミュニケーション取ってれば絡めるけど....。

この閉鎖的で変に空気を読んじゃうのもよくない習慣の1つと言えるよね。

 

でもこれ、自分が発信して反応をもらえるようになって確信した!

発信してる側からしたら反応をもらえることがとてつもなくうれしいのだ!!!

「もっとホメてくれ」 って福ちゃんみたいになるもんねw(スラムダンク見てない人ごめん)

 

単純に反応をもらえるとうれしいのだ。みんなうれしいのだ。これは絶対なのだ。

だから、少しずつでもいいからシャイな自分の殻を破ってアクションを起こしてみてほしい。

 

「まぁ100歩譲ってアクションしてもらえるのがうれしいのは分かった! だけどお前が言うアクションを起こすメリットってあんの?」って話になると思う。

お前がうれしいとか知らんがな」って人もいるよね。

 

あなたが『いいね!』すると世界がどう変わるか? ぼくの見解を話そう。

あなたの『いいね!』で世界はもっとおもしろくなる

f:id:oh-oka-m:20171031160512j:plain

あなたが『いいね!』を表現したことでクリエイターの活動は加速する!


もうね、モノを生み出す人たちが軒並み頑張り出すと思うの。
こうしたクリエイターを支えているのは、ひとつひとつの『いいね!』だったりすると思うのだ。

 

マンガの単行本のあとがきに、励ましの手紙をもらうとうれしい! 全部欠かさず読んでる。って書いてるのを見たことはないだろうか?

 

ぼくは正直、「全部は読んでないっしょ? 」 って思ってたんだよね。(嫌なヤツw)

 

でも、自分がブログを始めて、読者の方から反応をもらったときの喜びを実感したら、あのとき言ってたあとがきの話はきっとマジだわ!  って思うようになった。


ぼくはクリエイターでもなんでもないけど、世の中でモノを生み出し続けている人たちは、評価されることを望んでんだなぁと。

特にポジティブなやつ!!!

これみんなが素直に評価したらさ、もっといいモノやサービスで溢れかえると思うんだよね。

 

だから、あなたが『いいね!』することは確実に意味があるし、どこかでおもしろくなってあなたの元に返ってくるかもしれない。

 

あなたが自分の素直な気持ちを発信していくうちに世界が変わるんですよ。

ガラリとは変わらないかもしれない。

目に見える形じゃないかもしれない。

でも確実に変わるんだ。

終わりに:アクションを起こすことで人生は好転する

最後は、アクションを起こしたあなたがどう変わるのか?

この視点で締めくくろうと思う。

 

アクションを起こしたあなたはシャイな自分を少しずつ克服できる。

練習してなくてヘタクソなだけだから、努力次第で変われると思うんだ。

もう1度言っておくけど、ぼくもシャイなだったけど克服できた!

 

コツは簡単!! 相手が喜びそうだなって思ったら迷わずアクションすればいい。

ほんとこれだけ! これだけで相手も何かしらアクションくれるから。

シカトされたらドンマイだw

 

そして積極的に人と関われるようになれば、仕事もプライベートもうまくいく。

なぜか? 人との付き合い方はネットもリアルも根本的なとこは一緒だから。

 

出会いで人生が好転するって話はよく聞く。

だからこそ、自分からアクションを起こして絡むべきだと思うのだ。

 

まとめると、このブログを読んだことをキッカケに、いつもとは違うアクションをしてみようって話だ。

 

ブログを少しでも面白いと感じたら読者登録してみよう。

なんなら、Twitterで『いいね!』してみてもいい。

はてな民ならブクマとかどう⁈

 

もっと自分を表現しよう!!

 

ってかこの記事にブクマくださいw

 

おしまい。