MENU

家族が思い出させてくれた。つい忘れがちだけど大切なこと

これで10記事目だー!!

なんか嬉しい感じの回に、ちょっと悲しい投稿。

ラーちゃんに、腫瘍が見つかったって話。

 

まず、ラーちゃん⁉︎ って感じだよね。

この子です。白文鳥のララ。 かわゆい。

f:id:oh-oka-m:20171021185856p:image

(自分の羽毛で遊ぶラーちゃん)


ピピとララの2匹で飼い始めたんですが、ピピは4月に亡くなってしまいました。
そのときのことは、奥さんが記事にしてくれてるので、よかったら。
6年飼っていた文鳥とお別れして感じたこと - いまのわたしにできること~看護師りえのワーキングママブログ~

 

奥さんみたいに、死んじゃってから記事を書くのは、湿っぽくなりそうなので、今の内に記事にしとく。

まだまだ、ラーちゃんが元気な内に!

 

異変

最近、ラーちゃんが肩にとまってくつろいでいるときに、聞きなれない音が聞こえるようになったんです。

「プツ プツ プツ」って

嫁さんとなんだろうね? って話してて、調べてもよくわからず。

ちょっとアイリング(目の周り)やクチバシの色が薄いかも?  ってくらいでパッと見、いつもと変わらない。

 

ただ、ピピが亡くなったときもそうだったんですが、不調が見て取れるようになってからでは、手遅れになる可能性が高いので、翌日病院に連れて行くことなりました。(不調を隠すのがうまいんです!  自然界では、弱ってる=外敵に襲われる)

 

奥さんは用事があるらしく、ぼくが行きつけの動物病院に連れて行きました。(いつも奥さんに任せっきりだったなぁ)

この動物病院がそこそこ遠いんですよぉ〜!!  車で1時間ほど。

ワンちゃんネコちゃんの動物病院は、割と近くにあるんですが、文鳥を見れる動物病院って少ないんです。

 

ラーちゃんを移動用の小さなカゴに移し替えて、車に乗り込み、いざ出発!!

このときは、特になんともないと思っていました・・・

 

爆弾を抱えている

外傷が無いので、触診して、

とりあえず、レントゲンを撮とります」って。

 

これまでも、何度かレントゲンを撮っていたので、慣れましたが、初めてのときは、

文鳥ってレントゲン撮んの⁈

ってビックリした思い出があります。(過去に入院したときは、治療費でもかなりビックリさせられたw)

 

レントゲンを見ながら、

プツプツ音の原因は甲状腺の病気で、この病気自体は、お薬と、エサを変えれば良くなるよちょっと太り気味なので、エサを注意するように」とのこと。

 

続けて、

最後にちょっと、深刻な話なんですが

 

なになに⁈ 深刻な話⁈  やな感じ

 

ここに腫瘍がある。それもかなり大きい。爆弾を抱えてるような状態

 

って切り出されたんですね。

 

えっ⁈  って感じ。信じられないというか、信じたくないというか・・・

あまり心配してなかったので、かなりショックでした。

 

先生との会話の中で、手術が出来ないこと。腫瘍が回復する見込みがないことが告げられました。(こんなにちっちゃい体じゃ手術は無理だもんね・・・)

 

レントゲンだけでは、正確な腫瘍の位置や、今後の治療方針を決めるのが難しいようで、薬で甲状腺の治療をしたのち、バリウム検査をするのがいいのでは?  って流れに。

 

ここでちょっと、バリウムってのが気にかかりまして。

バリウムって人間でも嫌じゃないですか? ぼくは、まだバリウム飲んだことないんですけど、ラーちゃんの負担になるようなら、やめたいって思ったんですよね。

 

先生は、「バリウム検査自体は、そこまで負担にならないよ」って教えてくれたので、それならってことで、甲状腺の回復具合を見て、実施することを了承しました。

 

薬を処方してもらって、家に帰り、奥さんにありのままを説明しました。

 

平常心を装って考えないようにしていたんですが、「いつ死んでしまうのだろう?」  「もしかして近かったりするのかな?」  そう考えた瞬間、ララの死を身近に感じて、とても悲しく、愛おしい気持ちになりました。

 

今後のラーちゃん

いくつか先生から制限するよういわれました。

 

まず、腫瘍を刺激しないように、

放鳥は1日5分程度っていわれたんですよー!!!

流石に、これは、かわいそ過ぎる!!!

ララ飛び回るのが好きなんですよ。

放鳥の楽しみを奪われてまで、長生きしたいのかなって? 嫁さんと話し合って、今は少し長めに出すようにしちゃってます。(先生ごめん)

 

次に、食事の指導で、

今あげてるごはんは少しずつ減らして、最終的にペレットのみにしましょう」ってさ。

 f:id:oh-oka-m:20171021185947p:image

f:id:oh-oka-m:20171021173152j:image

ラーちゃん、このマニアシリーズ大好きなんですよ!(文鳥専用なだけあるわ!!! って食べっぷり)

剥いて食べるのが好きみたい。

人間でいうとこの、歯ごたえを楽しんでる感じかなぁ。

だからさぁ、ラーちゃんの楽しみなごはんを減らすのが心苦しい。

 

 

ちなみにペレットはこれ。

 f:id:oh-oka-m:20171021172923j:imagef:id:oh-oka-m:20171021173001j:image

 ペレットって栄養は満点だけど、食べる楽しみがない! ような、無機質な感じがするんだよなぁ。なんかおいしくなさそうでしょ? (勝手な主観)

 

文鳥も人間と一緒で、噛み応えや味など、好き嫌いがあるんですよね。

申し訳ないけど、少しでも長生きしてほしいから、マニアシリーズは減らさせてもらうよ。ごめんよラーちゃん。

 

大切なものは、無くなりそうになったり無くしてから気付く

いつも元気に飛び回っていたララ。

帰ってくると文鳥キックを繰り出します!

f:id:oh-oka-m:20171021190037p:image

(出せ!!  とキックを繰り出すラーちゃん)

 

放鳥すると、決まって頭に乗っかってくるんです!  頭、止まりやすいんだろうな。

f:id:oh-oka-m:20171021190051p:image

(ぼくの鳥の巣っぽい頭に不時着するラーちゃん)

 

頭にうんちされるのは嫌なので、頭から肩にそっと止まらせます。

するとくつろぎだして、寝るんですよー。大福みたいに丸くなって。

手乗りで育ったので、ほぼ警戒しません。

 

寝るだけなら、カゴの中でもいいじゃんって思ってたんだけど、一緒に居たいんだなと、理解できるようになりました。かわいいヤツですね。

 

突然、死が身近に感じられると、もっと色々やってあげられたのかな?  なんて考え出して、優しくなるんですよね。

そんな自分が、すごく嫌だなぁって反省してます。

普段から、もっと大事に思ってあげなきゃいけませんよね。

 

ラーちゃんのうんちを掃除するとき、いつもは、ブツブツ文句言いながら掃除してたんですよ。

うんちプリプリし過ぎぃー!  オムツつけるぞー」なんて冗談いいながら。

でも、これが、掃除できなくなる日が近いのかなぁ?  なんて思うと、なんだかとても寂しくなるんですよね。

いつもは嫌々やってるうんち掃除も、嫌じゃなくなりました。

むしろ、うんち掃除頑張るから、うんちし続けて! って思ってしまう今日この頃。

文鳥って手のひらで握れるサイズで、とってもコンパクトなんですが、ぼくの胸にポッカリ開けられた穴はとっても大きいんですよね。

自分勝手なのは分かってるから、少しでも長生きしてほしいなぁ。

 

今日を元気に迎えられることは、あたりまえじゃない

ラーちゃんが思い出させてくれました。

自分が元気でいられること、家族が元気なこと、当たり前に感じがちだけど、当たり前じゃないんだよって。

だから、しっかり感謝の気持ちを伝えようと思いました。

 

自分も含めて、誰でもいつ死ぬか分かりませんよね? だからいつでもありがとうをいい忘れずにいたいんです。

 

感謝の気持ちって、言葉に出すの をためらう場面がありませんか?  身近な人だと恥ずかしく思えたりしますよね。普段からいい慣れてない人は、特に意識して感謝の気持ちを伝えるようにしてください。

 

あと、マンネリで、ありがとうをいわなくなっちゃうのは、1番気をつけたいですね!!!

両親やパートナーにありがとう!  いってますか?

 

ありがとうって幸せの言葉ですよね。

いった方も、いわれた方も、気持ちがいい。

いい忘れたことを後悔する前に、何度でもいうようにしましょう。

 

終わりに

現時点では、元気に見えるラーちゃん。

でも、元気に見えても、腫瘍は体内にあるんですよね。

いつ体調が悪くなるかわからない。

残された時間、自分が出来ることが何なのか?  考えて行動に移していきたいと思います。

(たくさん一緒の時間を過ごして、愛情を注いでいきます)

 

f:id:oh-oka-m:20171021190154j:image

(ブランコで遊ぶラーちゃん)

 

今回のように、失いかけて大切さに気付いているようでは遅いですよね。

人は当たり前に感じると、その有り難みや大切さを、つい、忘れてしまうように思います。

 

みなさんに、家族の大切さを、改めて思い返すキッカケにしてほしい! と思い、記事にしてみました。

 

家族に支えられていることを忘れずに、感謝の言葉をたくさん伝えてくださいね。

 

おしまい