MENU

ヒトデさんから勝手に学ぶ!自分らしくブログを書く秘訣

今回は自分らしさについて考えてみた。

 

ブログって何を書いてもOKが故に、二の足を踏むってこと無い?

ブログを始めたばかりの頃、誰もが悩んだと思われるテーマ。

自分はどんな記事を書くべきか? について僕の考えを書く。

 

無難な記事を書くのは楽しく無い

f:id:oh-oka-m:20171012002236j:plain

ぶっちゃけ、まだまだ始めたばっかなんだけど、記事をどんな風に書いていいのかわかんねぇー! って悩みに度々襲われてた。

ブログ初心者は共通の悩みを持ってると思う。 なに書くのがいいんだろ? 的な。

 

右も左もわからんけど、とりあえずいくつか記事を書いてみた。

で、書いた記事を振り返ったとき、素の自分ってこんな感じだっけ? 

って疑問に思ったのね。

当たり障りない感じでまとまって、自分が書いてないみたいな感じ。

 

自分の事ちっとも表現できてねぇ(オリジナリティ皆無)

 

役に立つ記事を書こう! って意識しすぎて、自分殺しちゃったパターンだね。

これが思いのほか楽しくなかった。

始めたては自由度が高過ぎる。これが逆にストレスになる。そんな気がする。

ここをどう乗り越えるかで、今後のブログ人生が大きく変わる予感がしたので、

とりあえず先輩ブロガーの奥さんに相談してみよ! ってなりました。

 

どんな記事を書くのが正解なのか

f:id:oh-oka-m:20171012002337j:plain

先輩ブロガーの奥さんに、どんな記事書いたらいい? って聞いたとき、

 

自由に書いて良し

 

って言われてほんと困った。勘弁して。

だってさ、選択肢多過ぎ。

 

でも、そんな中で、自分なりに記事を書いてみて分かったことがある。

この「自由に書いて良し」ってのは、

いいとこを伸ばしてあげたい

が為の言葉なんだと。

 

下手にあれやんなさい、これやんなさいだと、変な先入観を持っちゃって、本来持ってるはずの”いいとこ”が発揮できなくなる恐れがあるってことだよなぁって。

 

「最初から答えを求めちゃダメなんだよ」って教えてもらった気がする。

自分で試行錯誤して見つけるもんなんだと。

おかげでどんな記事を書くのが正解? ってのは的外れもいいとこだってのは理解した。

 

だけどさぁ、指針がなんもないのは困りモノだよねぇー⁉

いざ自由に書いてって言われても、大海原でコンパスも海図もない状態! って感じ。

 

そこで僕は、

自分の成功法則に当てはめて考えてみた

なんのこっちゃ? だと思うから順に解説していくね。

 

自分の成功法則を知る

f:id:oh-oka-m:20171012002417j:plain

僕の場合は、参考にする人を見つけてモデリング(真似)するのがしっくりくる成功法則なの。

 

どうやって成功法則を見つけるのか? まず

子供の頃によくしていた遊びのスタイル

が自分の成功法則を見つけるのに役に立つんだ。

 

僕の場合は、ゲーム少年だったからゲームに例えるよ。

 

ゲームのプレイスタイルって人それぞれだと思うけど、それがそのまま自分の成功パターンとリンクしやすいってこと。

 

僕はプレイするとき初見プレイって苦手なんだよね。

なんかドキドキしてこわい! みたいな。(バイオハザードとか特に)

展開が読めないのが面白いんだろ! って人もいるよね。(むしろそっちが多数派かな)

 

でも、僕の場合、実際にプレイするより、ゲーム実況を見る方が楽しいタイプなんだ。

 

で、いざ自分がプレイするときって、友達がプレイしてるの見てから始めたり、教えてもらいながらやってた記憶がある。

 

お手本にする人を見つけて攻略する

 

これが僕なりの攻略法であり成功パターンだったのだ。

(これがきっかけでモデリングに目覚めたと言っていい) 

 

ゲームの攻略法って人それぞれだと思うんだけど、みんな結構特徴ってあるよね?

 

攻略本は見ない。むしろ説明書も見ない。

こんな人は、誰かを参考にする事なく、自己流で最適解を見つけ出すのが成功パターンかもしれない。

 

こんな具合に、今までプレイしてきた自分の攻略法を思い出してみて、どこか共通する成功パターンがないか?  思い返してみてほしい。

そして、成功パターンかな? と思う方法が見つかったら、”これから始めること”に置き換えてみてほしい。

きっとあなたの成功しやすいスタイルを探し出す役に立つはずだ!!!!

 

で、

僕の成功パターン=参考にする人をみつけること

なので、自由に書くとは言っても、とりあえず参考になる人を探してみました。

 

ブログのお手本見つけました

f:id:oh-oka-m:20171012002512j:plain

ブログの話に戻って、最近肩の力が抜けてさらに書くのが楽しくなった。

その要因は? と言うと、みなさんご存知、はてな界No.1雑記ブロガー、ヒトデさんのブログに出会ったからだ。ありがとぉーーーー!

 

もうね、初めてヒトデさんの記事読んだとき衝撃だった。

なっ、なんておもしろいんだー!! やばーー!!! かっけぇーー!!!!

俺の師匠はヒトデさんで決まりだ! って5秒で思った。(僕の成功パターンが”参考にする人を見つける”だからだ)

 

で、こんな事を、僕のような小者が言い始めようものなら、ヒトデさんファンの方々から、「お前なんかじゃ足元にも及ばないからやめとけ」ってコールが巻き起こりそうな雰囲気じゃん⁉︎

ぜってぇームリって言われること間違いなしじゃん⁉︎

 

だから僕は、あえて宣言する。

ヒトデさんみたいになる!!! (人気ブロガー兼稼ぐってこと)

 

ふつーの人だと、

イヤイヤ僕には絶対無理

つって謙遜するじゃん⁈ それ絶対損してると思うんだよね。

 

変に謙遜することによって、自分の限界を決めちゃって、成長を妨げていると思う。

(セルフイメージが低いとも言う)

そこは勘違いしたもん勝ちでしょ!  って勝手に思ってる。分かってんだよ⁈

自分で勘違いだって。

確かにさ、憧れのヒトデさんと僕を比べたら、天と地ほどの差があるかもしれん。

ってかある。確実に。

 

でもさ、それは目指さない理由にはなんないじゃん!

僕は憧れの人がいるなら、あなたを目指しますって本人に宣言するくらいしないと叶わないと思ってて、ヒトデさんにライン@でパクって頑張りますって宣言したんですよ。

そしたら、是非勝手に参考にしてくださいって言ってくれた! もうねハート鷲掴みにされちゃったよね。見事に。(これ公式のライセンス取得した!  くらいに思ってる)

 

はい、証拠のスクショ。

f:id:oh-oka-m:20171012180251p:plain

 

そしたら大分スッキリした。

そして、さらにブログが楽しくなって、もっともっとブログ書きたい病にかかってしまった。でも、これはきっといい病気だw

 

ヒトデさんは面白いだけにとどまらない

f:id:oh-oka-m:20171012002841j:plain

 「ヒトデさんの記事面白いよね~」って嫁さんと話してたんだけど、嫁さんから衝撃的な事実を聞かされる。

 

「ヒトデさん稼ぐ方もすごいよ!!!」

えっ? 面白いだけじゃなく、稼いでるだと⁈ すごすぎじゃねぇーか!

 

収益ってどこで公開してんのかな? なになに? 有料note? ポチっ!

年刊ヒトデ(2016年1月~12月)を買ってみた。

note.mu

 

要望があったから一応単体でも買える様にしてあるけど、マガジン「年刊ヒトデ」を買うと他の記事30記事以上全部読めるのでそっちがおすすめです

って書いてあったから、「年刊ヒトデ」にしたよ。みんなそーしよ。お得。

 

読む前はさ、まぁ稼いでるって言ってもあれでしょ、そこそこでしょ? みたいなノリで読み始めたんだけど、蓋開けたらちょー絶ヤバかった!! 夢ありすぎィィ!!!!

 

バブリーな金額を稼いでらっしゃった

 

いやぁー実際ここまで稼いでるとは知らずに、勝手に”俺の師匠”とかほざいてたのが申し訳なくなってくる。ほんとすいませんでした。出直しますw

でも本当に想像を遥かに超えてました!

すごい人なんだなーヒトデさん。やっぱかっけぇ! 憧れ甲斐がありすぎる。

 

もちろん収益以外にも参考になる事がてんこ盛りだったので、是非是非買うことをオススメします。ってか買おう!!!

 

まとめるよ 

箇条書きでまとめると、

  • 自分らしさは人それぞれ
  • 自分に合ったスタイルでブログを書くとイイ
  • 成功法則に当てはめると何事もうまくいきやすい
  • いろいろな記事を書いてみることで”らしさ”が見えてくる
  • ヒトデさんはヤバい

 

いやぁ~初めてこんな長く書いたなぁ。つっても3500文字くらいか。もっとがんばろ。

 

最後の方は憧れのヒトデさんについて熱っぽく語ってしまいました。

僕のブログにおける自分らしさってのは、ヒトデさんを参考に、自由に楽しくブログを書くことなんだなっ♪

これが分かっただけで、当分楽しくブログが続けられそう。幸せ。

 

読んでくれたみんなにも、それぞれ合ったスタイルがあると思うから、それが見つかる参考になったらいいなと思って書きました。

もしかしたら、僕と同じような成功パターンの人もいるのかな~なんて思ってみたり。

 

僕ねぇ、あのねぇ~、この記事書いてるときが今までで1番楽しかった。

毎回記事書くたびに、そういう風に思いたいね。

これからは、もっと時間が許す限り、ブログを書いていこうと思っているので、読んでいただけたらうれしいです。

 

ブログ書くのが楽しすぎて、本業がおろそかだよw

おしまい。